リストバンド サクラはいない?

リストバンド|サクラはいない?


一軒目はショットバー、某というお店だった。開始が15:00と何とも中途半端な時間である。

店に入るとリストバンドを渡される。このリストバンドがあると次回から割引になるのだという。


指定された番号のテーブルに座る。テーブルの反対側に女性が座っている。

向こうの顔を見たのであるが、どうも冴えない。向こうも、こちらのことを同じように思っている様子である。

いきなり「何歳ですか?」と訊かれた。いくつに見えたのであろう?また彼女たちは何歳なのであろうか?

そうこうするうちに主催者が入ってきた。3軒の店をまわっているのだという。キャンセルの連絡があった人間がやってきて押し問答になったとのことであった。

なお、この主催者が言うには、「サクラはいません。男女比が同じになっていないことを見てもらえば明らかです」という。

「今回300名の応募を期待したのですが、応募者は100名と少しでした」とのことであった。

乾杯が始まった。
さっき昼飯を食べたばかりなので出された食事には、殆ど手をつけることが出来ない。

もっとも提供された料理はサンドイッチ、唐揚げ、フライドポテト、ケーキなど、あまり手間がかかっていないものばかりだった。



相方はクルマで来たのでアルコールは飲めない。私はウィスキーの水割りを頼んだ。午後三時という中途半端な時間では酒も、あまり進まない。

どうやら席は固定らしい。こうしたパーテイーでありがちな席替えはない模様である。

前に座っている女性2人と話してみたが、こちらにはあまり興味がない様子。。。。。

別に料理を食べるわけでもなく、会話が盛り上がるわけでもなく、45分間で、この会場はお開きになった。

⇒次は,席替えがない